top of page
検索
  • 新保滉紀

ソイプロテインってどうなの?


今回は、ソイプロテインについてご紹介です。

プロテインを買うときに、ホエイ、ソイ、カゼイン等種類があって、どれを選べばいいか悩む方もいらっしゃると思います。


まず、ソイプロテインとは、大豆を原料とした植物性のタンパク質です。

ですので乳糖不耐性でホエイが飲めない方は、ソイプロテインを飲むケースも多いですね。


ではソイとホエイの大きな違いは何か。

吸収速度になります。

ソイプロテインは吸収がゆっくりな特徴があります。

お腹の中にとどまる時間も長く、腹持ちもいいので間食などに使用するのがおすすめです。


ではソイプロテインにデメリットはあるのか。

3つご紹介していきます。


1・ホルモンバランスへの影響

ソイプロテインにはイソフラボンが含まれており、このイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。

ですので摂取をし過ぎると、生理が遅れる、ホルモンバランスが乱れるなどの症状も発生する可能性があります。

あくまで摂り過ぎの場合です。



2・男性ホルモンの減少、筋肉増やすうえで不向き?

男性ホルモンのテストステロンを減少させる働きがあります。

よって筋肉を増やしていきたい方にとっては不向きなのかもしれません。


しかし、現IFBBボディビルプロの、ポパイ関根さんは現在はエッグホワイトプロテインを飲んでいますが、その前は乳糖不耐性の為ソイプロテインを飲んでいたと聞いたことがあります。もちろん個人差はあると思いますが大きな影響はないのかもしれません。



3・コルチゾールの増加

ソイとホエイを各グループに分けて2週間摂取させた海外の実験によると、ソイのグループは明らかなコルチゾールの増加がみられたとのことです。

コルチゾール・・・ストレスホルモン

コルチゾールの増加は、筋肉の減少、疾患が生じやすくなる、体重の増加等いわれております。

正直この点に関しては、味の問題なんじゃないかと個人的に思います。

あまり美味しくないものを飲まなきゃいけないというのもストレスに繋がりますよね。。。

昔ソイを飲んだんですが、カラダが拒否して高熱が出た覚えがあります(笑)

味は正直無理でした。。

あれを2週間飲み続けるはかなりのストレスになりそうです。。

美味しいメーカーを見つければ、この点は解消できるのではないかと思います!


ではまた次回!



















閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

松嶋菜々子さんの健康美の秘訣は筋トレ?

皆さんご存じ、松嶋菜々子さん。 家政婦のミタの印象が強いです。 そんな松嶋さんも年齢は50歳。 どうやって健康美を保っているのか。 「トレーニングを週2回、ピラティスも週2回。ノンストップで1時間やり続けるので汗びっしょりになるくらいハードなんです。」 結果週4回はカラダを動かし、また食事も気を使っているとのこと。 まぁ、そうしないとあの体は維持できないですよね。 一番驚いたのは、トレーニング内容

Comments


bottom of page