top of page
検索
  • 新保滉紀

筋トレと音楽の関係性


今回は筋トレと音楽についてのブログです。

筋トレ中に音楽を聴く方は多いのではないでしょうか。

音楽のメリットについてご紹介していきます。


1・集中力が高まる

周囲の音や様子が気にならなく、周りをシャットアウトさせることで集中力が高まります。

より効果的にトレーニングを行うことができます!


2・モチベーションが上がる

音楽を聴くことでやる気を高めてくれる脳内物質、ドーパミンが分泌されます。

よってモチベーションupが期待できます。


3・ストレス・痛みの軽減

音楽のテンポによりますが、ストレスや苦痛の軽減を期待できます。



では注意点について。

音楽に気を取られる曲を選ばない

自分が大ファンのアーティストが歌う楽曲、もしくは素敵なメロディや歌詞など、耳元に流れてくる音楽に集中してしまうような曲はトレーニング中には向いていません。


新保はトレーニングの序盤、終盤などで使い分けてます。

序盤はダブステップだったり、かなりアップテンポな曲を選び、

ビーストモードまでもっていきます。

※ビーストモードは自分の世界に入ってちょっとハイな状態。


終盤は高重量は扱えなくなっているので、テンポは若干抑えた曲に変えます。


トレーニング後のストレッチでは好きなアーティストの曲を聴きクールダウンする流れです。


こういった流れでのプレイリストも作っています。

実際、セットに入ったら音楽なにも聴こえてないんですがね(笑)

インターバル中にようやく聴こえる感じです。


ビーストモードの入り方は、カフェイン等を摂り、イヤホンorヘッドホンを付けて、周りの音がなにも聴こえないくらい音量を上げます。

ここにすごく高いモチベーションが混じれば入れると思います。


ビーストモードに入ってるか入ってないかの確認方法がないので、何とも言えませんが自分の場合、入ってるときはインターバル中一点をずっと見てる感じです。

完全に自分の世界で周りが一切気にならない状態です。

ぜひ皆さんも一度体験してみてください。


ではまた次回!



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page