top of page
検索
  • 新保滉紀

筋肉醜形障害


今回は、筋肉醜形障害について。


他人からしたら相当いい体をしているのに、本人は「まだまだ小さい、こんなんじゃだめだ。」と悲観している人。

もしかしたら、その人は「筋肉醜形障害」かもしれません。


自身の体は実際は逞しいのに、慢性的に貧弱だと不安に駆られる身体醜形障害の一種のこと。

ただ不安になるだけではなく、自信をよく見せたいとする強い脅迫観念に駆られ、高確率でうつ病を引き起こしてしまう精神疾患です。


特に体を鍛える文化のある欧米圏では、近年問題視されている。


とある海外であった話だと、

10代のころから過度な筋トレを続け、それだけでは物足りずステロイドに手を出していた。その結果、17歳で心臓病を発症。

入院し治療を行ったが、トレーニングをやめられない彼は、過度な筋トレ+ステロイドを打ち続け、20歳の若さでこの世を去った。

筋トレをやめられない、ステロイドを使って高みを目指す。これは、筋肉醜形障害からの行動だとされています。



現在日本でも若者のステロイド使用増加が問題視されています。


それは、現在の筋トレインフルエンサーの多くがステロイド使用をしている可能性が高く、

それに憧れた若者が「自分はまだまだ。なんでこんなにショボいんだ。」

と筋肉醜形障害に陥り、うつ病っぽくなってしまいステロイドに手を出す。

この流れができているのではないかと思います。


筋肉醜形障害にならないように、自分を認めることが大事というのは皆さん100も承知でしょうが、認めるって意外と難しいものですよね。。。


あまり無理はせずに行きましょう。



ではまた次回!

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page