top of page
検索
  • 新保滉紀

RIZINドーピング違反


今回は、RIZINでのドーピング違反者について。


木村ミノル選手がドーピング検査で陽性になりました。


クレンブテロールという筋肉増強剤で引っかかりました。


クレンはカッティングサイクル(減量サイクル)に主に使われるもので、

筋肉増強や減量のサポートをしてくれるものになります。


もちろん筋肉増強作用があるので、力も変わってきます。


格闘技において、力のブーストはあってはならないものですよね。



もちろん、筋肉増強剤を使うことは選手としてダメなことです。


しかし改めて筋肉増強剤の恐ろしさを痛感します。


筋肉増強剤を使ってみたい。


筋トレをしている人で大半の方が考える事でしょう。


1回だけ。


その1回で辞めれるわけがないのです。


大麻と一緒です。


1度使ってしまうと、その時の感覚を覚え精神依存してしまいます。


また手軽に購入できてしまうので、1度だけと手が伸びやすいです。


筋肉増強剤には、インジェクション(注射)、経口があります。

経口は肝臓へのダメージが多く、インジェクションは肝臓のダメージを避けることが出来ます。


経口だと、今回使われたクレンは4000円ほどで購入できます。


高校生でも購入できちゃいますね。



もちろん費用はこれだけでなく、PCTサイクル(簡単に言うと回復期間)でもお金がかかります。


筋肉増強剤はずっと使い続けるわけではなく、10週間ほど使い、10~20週間休む(PCT)ようにサイクルがあります。


なぜずっと使わないのか。

体外から男性ホルモンを投与するので、身体が男性ホルモンを作らなくなってしまいます。

また、モノによってはインジェクションでも肝臓にダメージを与えるものもあります。


よって外見は強いのに、中身はボロボロなカラダを作ることになります。


そこにPCT(回復期間)を設けることで、肝臓ダメージの緩和、男性ホルモンを自己生成できるように、HCGを打ったり、ウルソを飲んだり、カベルゴリンを飲んだり。

休薬期間を設けます。


トータル費用は数十万ですかね。

もちろんクスリのコーチを付ける方もいるので、コーチ代もかかります。


なんでそんな知ってるの?と思う方もいるかと思いますが、

昔使おうと思って勉強したからです。


知れば知るほどマイナスをしり、使いたくなくなります。

よって今現在まだ使ったことはありません。


話が脱線しまくりですが、一つ言えるのは

使わない方が幸せだと思います。


ではまた次回!


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page