top of page
検索
  • 新保滉紀

マティアス・シュタイナー選手 妻との約束

今回は、マティアス・シュタイナー選手について。


シュタイナーは、重量挙げの選手です。


彼は体力に限界を感じ、引退することを決意しましたが

妻 スーザンの励ましを受けて選手を続ける事にしました。



2008年北京オリンピックへの出場が決まり「金メダルを獲る」と約束を交わした。

そんな中悲劇が起こった。

スーザンが交通事故で亡くなってしまった。


失意の中でシュタイナーは、選手として活躍することこそが妻に報いる事だろうと考え、

それからも日々の厳しいトレーニングに怠らなかった。


本番の試技では

第一試技、第二試技と失敗。

そんな中、ライバルたちは次々に成功。

シュタイナーの金メダルは絶望的だった。


残された最後のチャンス。

シュタイナーは、今まで一度も成功したことのない258㎏に挑戦。


誰もが上がらないだろうと諦めていた。


しかし、シュタイナーは見事成功。

嬉しさのあまり崩れ落ちた。


妻 スーザンとの約束であった金メダルを獲得。


シュタイナーは後に語りました。


競技中くじけそうになった時、

「あなたならできるわ」という妻の声が聞こえたと。


表彰台での、奥さんの写真と金メダル掲げ撮影。


ぜひ見てみてください!


閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page